雨漏りを防ぐマンション屋上防水 - 分譲マンションの雨漏り時の費用負担と修繕について

雨漏りを防ぐマンション屋上防水

subpage01

マンションの屋上より雨漏りがあった場合は屋上防水の劣化が考えられます。
また、マンションの屋上防水の耐用年数や使用している素材によっても異なりますがおおよそ10年〜20年程度と考えられます。

したがって、耐用年数が近くなったら雨漏りを確認する前に定期的に確認を行なう必要があります。定期的に確認を行い、事前に防水工事を行なうことにより下地が劣化していなければ既存のものにシートを重ね塗りするシート防水も出来ます。
シート防水は施工が簡単なため、短い期間で行うことができ、費用も抑えることが出来ます。
しかしながら、シートを重ね塗りするため複雑な箇所への施工が難しいです。その場合、ウレタン防水や、FRP防水にて工事を行います。
ウレタン防水は液体を何度も重ね塗りすることによって防水塗膜を作るため複雑な場所であっても工事を行なうことが出来ます。



また、異なる異なる防水膜が塗装されていても重ね塗りが可能です。


FRP防水はガラス強化繊維プラスチックを活用し、耐水、耐蝕、耐候性に優れたFRP被覆防水層を形成する工法です。



硬化するのが早いため、工期は短くてすむものの、材料費が高いため広い屋上には不向きという面もあります。
以上のように、雨漏りを防ぐためのマンションの屋上防水にはその工法による、費用、工期、メリット、デメリット、耐用年数が全て異なります。



したがって、自分のマンションの現状を確認の上で一番適した工法にて工事することが必要となります。