マンションの雨漏りによるトラブル - 分譲マンションの雨漏り時の費用負担と修繕について

マンションの雨漏りによるトラブル

subpage01

一軒家に比べて雨漏りが起こりにくいと思われているマンションでも、雨漏りが起こる事があります。

建設されてから時間が経っている物や、上の階で水漏れなどのトラブルが起こってしまうと、屋上に住んでいなくても天井から水が落ちてきてしまいます。



大量の水が落ちてこないからといって放置している人も多いですが、放置する事によって様々なトラブルの原因になるので、異常を感じたらすぐに対処する事が大切です。

雨漏りによって起こるトラブルとはどのような物なのかという事を知って、速やかに対処できるようにしておきましょう。
トラブルの種類はいくつかありますが、最も多いのが使われている資材の劣化です。



建築する際に木材を使用している場合、木材が湿った状態のまま放置しておくと最終的には腐ってしまいます。


腐った事に気付かず放置していると天井がゆがんだり、重さに耐えきれず穴が開いてしまう事もあるので注意が必要です。


最悪の場合、人間が怪我をしてしまう恐れもあるので、水が漏れている事に気づいたら必ず修理してもらうようにしましょう。

その他に、雨漏りが原因でマンションの住人同士でトラブルになってしまう事もあります。自分の部屋から水が漏れていると気付かずに放置していると、気付いた時には手遅れになっていて下の階の住人の部屋の天井に水によるシミができていたというケースが良くあります。

一軒家とは違いマンションには他の住人も住んでいるので、雨漏りしていないかという事に常に気にしておくように心がけましょう。