分譲マンションの雨漏り時の費用負担と修繕について

分譲マンションの雨漏り時の費用負担と修繕について

subpage1

分譲マンションにお住まいの方で雨漏り被害にあった際には基本的には自分で雨漏りや室内の復旧を行う必要はありません。



箇所にもよりますが室内への雨漏りの場合、ベランダかもしくは外壁のクラックよりの侵入からが考えられます。いずれの場合も、分譲マンションでは個人の所有である専有部分ではなく、マンション共有のものである共用部分であると考えられています。

したがって、共用部分の修繕はマンション管理組合の修繕費から行われます。



また、箇所によっては管理組合にて契約している火災保険にて対応する場合もあります。そのため、まず現状を確認した場合は管理組合の理事長、もしくは管理会社まで連絡し現状を見てもらったほうがよいと思われます。



その後、修繕業者より連絡が来たのちに雨漏り箇所に特定から行います。

箇所の特定は非常に難しく長期間になることもあります。

その期間雨漏りが続いてしまいもどかしく思われるかもしれませんが、基本的には室内の壁紙のクロスや、床のフローリングは必ず原状回復工事を行うため新品となりますし、被害があまりにも著しい場合には保険会社よりホテル宿泊費や慰謝料が支払われる場合もあります。


しかしながら、火災保険が使用出来ずに修繕積立金が充分に集まってない管理組合の場合、箇所の修繕は行うものの室内の修繕を行わないことも考えられます。
したがって、基本的にはマンション管理組合や契約した火災保険にて対応するものの、いざという時のために自分でも火災保険に加入する必要があります。

よく解る情報

subpage2

一軒家に比べて雨漏りの発生回数が少ないマンションですが、油断していると知らないうちに雨漏りの被害を受けている事もあります。屋上に住んでいる人だけが被害に遭うと思われがちですが、実際には上の階の部屋で水漏れが起こり下の階の部屋に水が落ちてくるというケースもよくあります。...

next

生活をよく学ぶ

subpage3

一軒家に比べて雨漏りが起こりにくいと思われているマンションでも、雨漏りが起こる事があります。建設されてから時間が経っている物や、上の階で水漏れなどのトラブルが起こってしまうと、屋上に住んでいなくても天井から水が落ちてきてしまいます。...

next

生活について情報

subpage4

マンションの屋上より雨漏りがあった場合は屋上防水の劣化が考えられます。また、マンションの屋上防水の耐用年数や使用している素材によっても異なりますがおおよそ10年〜20年程度と考えられます。...

next

初心者向き生活

subpage5

最近は地震による住宅の損壊したニュースを見る事も多く、屋根にはブルーシートを掛けた戸建住宅を見る事も多くなりました。こうした雨漏りは、理由は何にせよ、マンションでも起こり得る事です。...

next